こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回はハト10銭札と梅5銭札の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

日本銀行券A号 ハト10銭札の価値と買取相場

ハト拾銭 ハト拾銭

昭和22年9月5日に発行され、昭和28年12月31日に廃止されたハト10銭紙幣です。表面には鳩が、裏面には国会議事堂が描かれています。寸法52mm×100mm、流通紙幣のカタログ価格は下記の通り安価です。

カタログ種類 並品 美品 未使用
日本カタログ 80円 100円 200円

また、昭和21年の日本銀行券A号同様に様々な印刷所で作成されていますがハト10銭札では特に希少な印刷所番号は存在しません。

見本紙幣 見本紙幣

希少価値が高いのは見本紙幣やエラー札で見本紙幣では表面に見本、裏面にSpecimenと描かれています。どちらも状態が良く、希少なものは市場にて5万円前後の価格で取引されております。

買取相場は?業者による買取価格は実勢価格(市場価格)の5割〜8割程度が相場となっております。具体的には市場で50,000円で取引される古紙幣は25,000円〜40,000円程度での買取になることが一般的です。

日本銀行券A号 梅5銭札の価値と買取相場

梅5銭札 梅5銭札

昭和23年5月25日に発行、昭和28年12月31日に廃止された梅5銭札です。表面に梅の花が描かれていることから梅五銭とも呼ばれています。印刷所は板橋工場(13)のみで、寸法は48mm×94mm、カタログ価格はハト10銭同様に高くありません。

カタログ種類 並品 美品 未使用
日本カタログ 200円 400円 1000円

私が知る限りでは梅5銭の見本紙幣は見たことがなく、エラー紙幣も少ないです。そのため、希少性は低く一枚あたりの価値はピン札だとしても1000円程度(買取価格300円程度)が上限です。今回の記事が古紙幣・旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。