こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は戦後の1951年(昭和26年)に発行された高橋是清の五拾円紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。聖徳太子や岩倉具視などは何度か肖像が利用され複数のデザインの紙幣が発行されましたが高橋是清の紙幣は今回取り上げる50円紙幣のみとなっております。

高橋是清の日本銀行券五拾円紙幣

日本銀行券B号50円 高橋是清

日本銀行券B号50円 高橋是清

1951年(昭和26年)に発行された50円紙幣(B号券)です。大きさは68mm×144mm、表面には高橋是清、裏面には日本銀行本館の建物が描かれています。紙幣の特徴としてはこれまで使われていた「圓」が「円」に変わった点が大きな特徴です。また、戦後、初の50円紙幣でありこの後、50円紙幣は発行されなかったため最後の50円紙幣となりました。

発行枚数や現存数の関係から額面に比べ価値が高く同時期に発行された岩倉具視の500円紙幣(B号券)と価値は同等レベルとなっており、カタログ価格は下記の通りです。

良品 美品 未使用
400円 1000円 3000円

市場価値と買取価格

旧札

高橋是清の50円紙幣は市場にて下記のような金額で取引されています。業者による買取の場合、市場価格の5割〜8割程度となることが殆どです。戦後の紙幣ということもあり相続などで遺品整理をしていた時に未使用のピン札が蔵などから出てくることがあります。

旧札の詳細 状態 取引価格
100枚 完全未使用 32万円
16枚 極美品 1.5万円
1枚 美品 0.15万円
1枚 極美品 0.2万円

古紙幣・旧札まとめ

高橋是清の旧札は額面の割には市場価値が高く、状態が良いものについては数千円〜の金額で買い取ってもらうことができます。今回の記事が古紙幣や旧札の買取査定の参考になりましたら幸いです。