こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は戦前に発行された聖徳太子の100円(百圓)古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。1945年以前では聖徳太子の肖像が入った100円紙幣は1930年と1944年に発券されています。なお、画像については贋作(偽物)ではなく本物の画像をスキャンして使っています。市場では偽物の出回っているので購入時には注意しましょう!

聖徳太子 日本銀行兌換券 百圓紙幣

聖徳太子の古紙幣・旧札

聖徳太子の古紙幣・旧札

昭和5年(1930年)に発行された聖徳太子100円紙幣(乙号券)です。後の昭和19年(1944年)発行のものは表面に日本銀行兌換券ではなく日本銀行券と書かれていますがこちらには日本銀行兌換券と書かれています。

流通貨幣と同時に見本貨幣も存在し、見本貨幣には下記のように見本の文字とともに穴が開けられています。カタログ価格はどちらも同等金額となっており、明治などの紙幣に比べると希少性は低いのですが状態が良いものだと5000円以上での買取も期待できます。

聖徳太子見本紙幣

聖徳太子見本紙幣

カタログ価格

タイプ 美品 未使用
流通紙幣 5000円 13000円
見本紙幣 5000円 13000円

市場価格

昭和5年(1930年)発行の聖徳太子乙号券100円紙幣の市場価格は下記のようになっており業者による買い取り価格は市場価格の5割〜8割程度の金額でしょう!私が調べた限りでは国内の見本紙幣の取引はありませんでしたが、海外では数件の取引事例がありましたので掲載しておきます。

業者の所在 状態 取引価格
米国 見本紙幣 未使用 1.4万円
東京都 流通紙幣 劣品 1100円
大阪府 流通紙幣 未使用 7500円
神奈川県 流通紙幣 未使用 7000円

聖徳太子 日本銀行券 百圓紙幣

聖徳太子紙幣

聖徳太子紙幣

昭和19年(1944年)に発行された聖徳太子100円紙幣(い号券)です。上記のデザイン以外に見本紙幣として2種類、透かしが異なるタイプが1種類存在します。もっとも希少性が高く業者による買取価格が高いのは見本紙幣ですが市場に出回ることが少ないです。4種類のカタログ価格は下記のようになっています。

タイプ 美品 未使用
透かし鳳凰 2000円 6000円
透かし桐 2500円 7500円
見本紙幣s1 不明 40000円
見本紙幣s2 不明 10000円

市場価格と買取価格

市場で売買されるのはほとんどが流通用紙幣で見本紙幣の売買価格はわかりませんでした。流通紙幣の市場価格はカタログ価格ととぼ同等で美品などでは1000円〜2000円が相場となっており、業者による買取価格は市場価格の5割〜7割程度でしょう!

聖徳太子の紙幣まとめ

聖徳太子の紙幣は戦後、上記外に5000円や10000円など高額額面でも発行されています。額面の数倍〜数十倍の価値が出るのは戦前のものが多いのですが、戦後に発行された見本紙幣は希少性が高く、特に1950年に発行された聖徳太子の1000円見本紙幣は価値があります(^^)