こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は大正4年5月1日(1915年)に発行された左和気10円札の価値と相場について記載していきたいと思います。

大正兌換銀行券 左和気拾圓の価値と相場

大正兌換銀行券 左和気拾圓

大正兌換銀行券 左和気拾圓

大正4年5月1日に発行され昭和14年3月31日に廃止となった日本銀行兌換券10円です(上記画像は美品程度)。表面には和気清麻呂と護王神社が描かれており、明治32年に発行された10円紙幣と左右対称となったようなデザインです。

また「此券引換に金貨拾圓相渡可申候」と描かれており当時、この10円紙幣を10円金貨と引き換えることができました。寸法は79mm×139mmでカタログ価格は下記のようになっており日本のカタログ価格の方が倍近い値段となっております。

カタログ種類 並品 美品 極美品
米国カタログ 5000円 10000円 20000円
日本カタログ 11000円 20000円 40000円

大正兌換銀行券左和気10円の実勢価格

実勢価格(市場で実際に取引される価格)については下記のようになっており日本のカタログ価格より米国のカタログ価格の方が参考になります。日本で発行されているカタログは殆ど価格改定されていないため10年以上前の相場がそのまま記載されているケースが多々あります。

業者所在  古紙幣・旧札の詳細 取引価格
米国 美品 8000円
米国 未使用+ 65000円
滋賀県 並品 3000円
大阪府 極美品 20000円
東京都 準未使用 28000円
神奈川県 未使用 50000円

左和気10円札まとめ

いかがだったでしょうか?左和気10円札は未使用以上の状態の場合、市場にて5万円〜の金額で取引されることが一般的です。並品以下の状態では現存数が多いため価値はそれほど高くありません。今回の記事が古紙幣・旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。