こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は明治6年8月20日に発行され明治32年12月31日に廃止にされた大日本帝国通用紙幣(旧国立銀行券)1円と2円の価値や相場について記載していきたいと思います。

大日本帝国通用壹圓紙幣

大日本帝国通用壹圓紙幣 大日本帝国通用壹圓紙幣

年号の記載はありませんが1873年(明治6年)に発行・発券された旧国立銀行券です。旧国立銀行券は1円、2円、5円、10円、20円の額面が存在し10円と20円の紙幣は希少なため市場に出回ることはありません。

画像は1円(壹圓)で1円〜20円のシリーズの中では比較的よく見かける古紙幣ですが希少性は抜群でカタログ上も並品で10万円、美品で20万円、極美品で38万円程度のカタログ価格がつけられています!!

古紙幣 1円古紙幣

表面には田道将軍と兵船が描かれ、頭取 毛利元徳(第15国立銀行頭取)と支配人 中村清行の印が捺印されています。

大日本帝国通用弐圓古紙幣

弐圓 紙幣

大日本帝国通用壹圓弐圓(2円)紙幣です。表面の図案は新田義貞と児島高徳、裏面には宮城が描かれており、1円同様に頭取 毛利元徳(第15国立銀行頭取)と支配人 中村清行の印が捺印されています。

2円以上になると現存数がさらに少なくなり、状態が良いものは存在しないかもしれません。2円はカタログ上、記載はありませんが見本紙幣(Specimen)も存在しており、裏面に見本の表記がされている事が一般的です。

紙幣 紙幣

大日本帝国通用 旧国立銀行券の市場価格と価値

大日本帝国通用 旧国立銀行券の市場価格は下記のようになっております。10年間の市場での売買データーを調べましたが5円紙幣や10円紙幣、20円紙幣の取引は国内では見つかりませんでした。業者による買取価格は状態などにもよりますが市場価格の5割〜8割程度だと思います。なお、状態は劣品<並品<美品<極美品<準未使用となっております。

紙幣の額面 状態 取引価格
壹圓古紙幣 美品 196000円
弐圓古紙幣 劣品 77700円
壹圓古紙幣 劣品 72600円
壹圓古紙幣 劣品 71000円

古紙幣・旧札まとめ

明治に発行された旧札や古紙幣は市場に出回ることは滅多にありません。古銭と異なり紙幣は劣化しやすいため状態の良いものは大変希少です。今回の記事が古紙幣の買取や査定の参考になりましたら幸いです。