こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1888年〜1889年(明治22年〜明治43年)に発行・発券された武内宿禰(たけうちすくね)、菅原道真(すがわら の みちざね)の壹圓・五圓古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。

明治期の武内宿禰の肖像の入った古紙幣・旧札は主に2パターンあり、一つは表面の右側に肖像の入ったデザイン、もう一つは表面の中央に肖像が入ったデザインとなっております。なお、市場では真贋(本物か偽物)が怪しい品もありますがこちらで掲載する紙幣は全て本物の画像を使用しています。

武内宿禰・菅原道真の日本銀行兌換銀券

古紙幣

古紙幣

武内宿禰の日本銀行兌換銀券です。こちらの右側に肖像がある壹圓は1889年(明治22年)に発券されました!!なお、1888年(明治21年)には5円(五圓)紙幣も発行され5円紙幣には菅原道真が描かれています。裏面に描かれた1円銀貨がなんとも印象的な紙幣で状態の良いものは希少ですが極美品以下のものについては市場でもよく出回るので見る機会が多いです。

1888年〜1891年(明治22年から明治24年)の古紙幣のカタログ価格は下記のようになっており、額面が高額になればなるほど希少性が高いです。100円紙幣については幻の紙幣となっており、世界を見渡しても市場に出回ることは殆どなく調べた限りでは売買事例は見つかりませんでした。

額面 美品 極美品
1円(武内) 1.3万円 3万円
5円(菅原) 20万円 50万円
10円 30万円 70万円
100円 不明 不明

明治22年から明治24年の古紙幣の市場価格

明治22年に発券された武内宿禰紙幣の市場価格(市場での取引価格)は下記のようになっております。買い取りの場合、価格が数千円〜数万円のもので市場価格の5割〜8割程度、価格が高額なものだと6割〜9割程度での買取となる事が一般的です。

額面 状態 取引価格
1円 並品 2000円
1円 並品 1500円
1円 極美品 20000円

日本銀行兌換券

日本銀行兌換券

他の骨董品でも同様ですが国内の骨董品はかなりの数が海外に流出しており紙幣も例外ではありません。そのため、海外の方が取引事例が多く価格の参考になります。下記は米国で取引された価格情報ですが買取や査定価格の参考になるでしょう!明治21年に発券された菅原道真の5円紙幣(上記画像)の取引も見つかりました。

 額面 状態 取引価格
1円(武内) 準未使用 75000円
5円(菅原) 準未使用 950000円

古紙幣・旧札まとめ

1889年(明治22年)に発券された武内宿禰の1円紙幣につきましては発券枚数が多く、現存数が多いため状態の良いもの以外は価値はあまり高くありません。一方、1888年(明治21年)の菅原道真5円紙幣については現存数が少なく未使用に近い状態では100万円前後で市場にて取引される事が一般的です。価値が気になる古紙幣や旧札がありましたら一度専門家に査定してもらうと良いでしょう!今回の記事が古紙幣の買取や査定の参考になりましたら幸いです。