こんにちは古紙幣旧札の買取査定ナビです。今回は満州国の国旗が描かれた満洲中央銀行 甲号券の価値と相場について記載して行きたいと思います。昭和7年〜昭和8年(大同元年〜大同2年)にかけて発行された旧札で実質上、満州国初の紙幣です。

満洲中央銀行 甲号券 壹百圓紙幣の価値と相場

満洲中央銀行 甲号券 壹百圓満洲中央銀行 甲号券 壹百圓

昭和8年4月(大同2年4月)に発行された満洲中央銀行100円(YUAN)札です(画像は美品程度)。寸法103mm×183mm、流通紙幣と見本紙幣(specimen)が存在しますが価値に大きな違いはなく、流通紙幣のカタログ価格は下記の通りです。

カタログ種類 並品 美品 未使用
米国カタログ 1.8万円 4.25円 7.25万円
日本カタログ 2万円 4万円 9万円
お客様1

私が調べた実勢価格

実勢価格(実際に市場で取引される値段)はカタログ価格より遥かに高額で、美品で美品が11〜15万円で取引されています。そのため、未使用になるとカタログ価格の3〜5倍の30〜50万円程度が相場の可能性があります(私が調べた限りでは未使用の取引は見つかりませんでした)。

満洲中央銀行 甲号券 拾圓紙幣の価値と相場

満洲中央銀行 甲号券 拾圓満洲中央銀行 甲号券 拾圓

昭和7年11月(大同2年11月)に発行された満洲中央銀行 甲号券 10円(YUAN)札です(画像は劣品〜並品−)。100円札と同様のデザインとなっており、流通紙幣のカタログ価格は下記の通り、こちらも見本紙幣(Specimen)が存在しますが流通紙幣の方が価値が高いです。

カタログ種類 並品 美品 未使用
米国カタログ 1.5万円 5.25円 10.5万円
日本カタログ 1万円 2.5万円 5万円

実勢価格は劣品で4〜5万円前後となっており、流通紙幣はカタログ価格の数倍の値段で取引されることが一般的です。

満洲中央銀行 甲号券 五圓紙幣の価値と相場

満洲中央銀行 甲号券 五圓満洲中央銀行 甲号券 五圓

昭和8年6月に発行された満洲中央銀行5円(YUAN)札です(画像は準未使用)。寸法86mm×151mmとなっており、流通紙幣のカタログ価格は下記の通りです。

カタログ種類 並品 美品 未使用
米国カタログ 1.5万円 4.5万円 9.75万円
日本カタログ 1万円 2万円 4.5万円

こちらも実勢価格(実際に市場で取引される値段)はカタログ価格より遥かに高額で、準未使用が2017年に約23万円強で取引されたことがあります。

満洲中央銀行 甲号券 壹圓紙幣の価値と相場

満洲中央銀行 甲号券 壹圓紙幣満洲中央銀行 甲号券 壹圓紙幣

昭和7年12月に発行された満洲中央銀行1円札です。寸法81mm×141mmとなっており、満洲中央銀行 甲号券の中でもっとも希少性が低い紙幣となっています。

カタログ種類 並品 美品 未使用
米国カタログ 0.38万円 2万円 4.25万円
日本カタログ 0.3万円 0.8万円 1.5万円

ただ、こちらも実勢価格はカタログ価格より高く、2017年に未使用が約7万円で取引されたことがあります。

満洲中央銀行 甲号券 五角紙幣の価値と相場

満洲中央銀行 甲号券 五角紙幣満洲中央銀行 甲号券 五角紙幣

昭和7年9月に発行された5角紙幣です。甲号券の中で最小額面となっていると共に、こちらの紙幣には満州国の国旗が描かれていません。寸法70mm×122mmでカタログ価格は下記の通りです。

カタログ種類 並品 美品 未使用
米国カタログ 0.5万円 1.75万円 5万円
日本カタログ 1万円 2.5万円 5万円

実勢価格は準未使用で15万円前後での売買となっているのでカタログ価格の3倍程度が相場です。

満洲中央銀行 甲号券まとめ

いかがだったでしょうか?旧札は一般的にカタログ価格に比べると安価で取引されることが多いのですが満洲中央銀行の甲号券はカタログ価格の数倍で取引されており、高値売却が期待できます。今回の記事が古紙幣・旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。