こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は古紙幣・古札の鑑定機関について記載していきたいと思います。世界的に鑑定機関として認められているものは米国のPCGSとPMGです。一般的に海外(特に米国)で取引される紙幣では鑑定されているか否かによって取引価格が大きく異なります。

紙幣の鑑定機関PCGS

pcgs

まず、一つ目の大きな鑑定機関としてはコインの鑑定機関でもPCGS(professional coin grading service)があります。元々は名前から判るようにコインのグレードを専門としていましたが後に紙幣の鑑定も行うようになりました。

今日では、オークションなどでも徐々にPCGS鑑定済みの紙幣が出回る事が多くなって来ているように感じます。

紙幣の鑑定機関PMG

pcgs

もう一つの大きな鑑定機関としてはPMG(Paper Money Guaranty)があります。PMGは2005年に設立されアンティークコインのグレーディング機関であるNGC(Numismatic Guaranty Corporation)と同一資本系列の会社になります。こちらにつきましてもオークション等で徐々に出回って来ているように感じます

紙幣のグレーディングサービスはコインに比べるとまだまだ歴史が浅いですが、将来的な投資や真贋(偽物か本物)の見極めを考えますと鑑定品でのコレクションの方がいいでしょう!

私が昔売った鑑定済みフランス紙幣

フランス紙幣

上記は私が以前、売ったPCGS鑑定済みフランス100フラン紙幣です。SCWPM#78でカタログ価格はUNCで325USDです。VFでも120USDとなっておりカタログ価格は紙幣にしては高額です!

カタログ

フランスの紙幣は植民地の紙幣も含めデザインが非常に美しく好きな紙幣の一つです!カタログによるとa,b,cの3種類があり上記の紙幣はサインからもカタログ価格が最も高いcだと言うことがわかります!今後とも「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」をよろしくお願いいたします。