こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は昭和21年2月25日(1946年)に発行された国会議事堂と鳳凰が描かれた日本銀行券A号10円紙幣の価値や相場について記載していきたいと思います。

昭和21年国会議事堂拾圓紙幣の価値と相場

議事堂10円紙幣

議事堂10円紙幣

1946年(昭和21年)に発行された議事堂10円紙幣です(上記は見本紙幣)。表面には国会議事堂と鳳凰が描かれ、サイズは76mm×140mm、通常紙幣の組番号は1組〜1977組まであります。

カタログ上「通常紙幣」「SPECIMEN紙幣」「見本紙幣」の3種類が存在しますが漢字の見本については、さらに上記の「穴あき見本」と「穴なし見本」があります。

古紙幣・旧札の詳細 美品 未使用
通常紙幣 125円 400円
SPECIMEN記載紙幣 不明 60000円
見本記載紙幣(穴なし) 不明 10000円
見本記載紙幣(穴あり) 不明 不明

実勢価格(実際に市場で取引される価格)は下記のようになっており通常紙幣は未使用で1枚500円〜600円、見本やSPECIMENについては希少性が高く出回ることは殆どありません。

業者所在  古紙幣・旧札の詳細 取引価格
東京都 100枚帯封 未使用 56000円
京都府 100枚帯封 未使用 50000円
米国 見本記載紙幣(穴あり) 未使用 約20000円
三重県 エラー紙幣 数万〜数十万円

取引頻度が高く、価値が高いのは下記のようなエラー紙幣でエラー紙幣は数万円〜30万円弱の金額で取引されております。

エラー紙幣の価値と相場

エラー紙幣

エラー紙幣の価値はエラーの希少性やデザイン、状態によって様々です。上記は国会議事堂が抜けてしまったエラーとなっており、市場にて9万円の値段で取引されています。

エラー紙幣

また、上記では組番号と印鑑が印字されていないエラーでこちらは約26万円で市場にて取引されています。

国会議事堂拾圓紙幣の価値と相場まとめ

いかがだったでしょうか?エラー紙幣は価値が高いのですが贋作(偽物)も多いので購入時はもちろん売却時も注意したほうがいいでしょう。流通した通常紙幣については発行枚数が膨大となっており、状態の悪いものの希少性は高くありません。今回の記事が古紙幣や旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。