こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は聖徳太子の5千円紙幣(C号券)と1万円紙幣(C号券)について記載していきたいと思います。どちらも戦後発行された旧札なので残存数が多いため目にしたこともある方も多いと思います。

聖徳太子 五千円紙幣の価値

聖徳太子 五千円紙幣

聖徳太子 五千円紙幣

聖徳太子の5000円紙幣です。表面には聖徳太子、裏面には日本銀行が描かれ、寸法は縦80mm×横169mm、発行開始日は1957年(昭和32年)10月1日となっております。近年の紙幣ということもあり希少性は乏しいですがカタログ価格は下記のようになっており、アルファベット1桁(A123456B)のタイプは価値があります。

紙幣のタイプ 美品 未使用
アルファベット1桁 6000円 9000円
アルファベット2桁 5000円 6500円

また、カタログ上は評価されていませんが数字がそろったゾロ目タイプ(A111111B)や連番タイプ((A123456B)についても価値が高いです。

聖徳太子 壱万円紙幣の価値

聖徳太子 壱万円紙幣の価値

聖徳太子 壱万円紙幣の価値

聖徳太子の一万円紙幣です。日本で初めて発行された一万円紙幣となっており、表面には聖徳太子、裏面には鳳凰が描かれ寸法は縦84mm×横174mmとなっております。5000円紙幣同様に発行開始日は戦後(昭和33年12月1日)のため残存数が多いです。

また、10000円についても通し番号の英数字が1桁のタイプと2桁のタイプが存在し1桁の方が価値が高いです。

紙幣のタイプ 美品 極美品
アルファベット1桁 12500円 20000円
アルファベット2桁 10000円 12500円

まとめ

聖徳太子5000円紙幣や10000円紙幣の実勢価格(市場価格)はカタログ価格と同等レベルです。また、5000円紙幣の項目でも記載しましたがゾロ目や連番は価値が高く10万円を超える市場価格が付くこともあります。今回の記事が古紙幣や旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。