こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は明治23年と明治24年に発行された日本銀行兌換銀券(改造兌換銀行券)の価値と相場について記載して行きたいと思います。

和気清麻呂 改造兌換銀行券拾圓の価値と相場

日本銀行兌換銀券

日本銀行兌換銀券

和気清麻呂の日本銀行兌換銀券10円です。表面には和気清麻呂と8頭の猪が描かれていることから通称 表猪10円と呼ばれています。

発行は明治23年9月12日、廃止は明治14年3月31日、寸法100mm×169mmとなっておりカタログ価格は下記の通りです。

カタログ種類 並品 美品 極美品
米国カタログ 12万円 30万円 70万円
日本カタログ 70万円 100万円 150万円

米国と日本のカタログで価格にかなりの乖離がありますが実勢価格(実際に市場で取引される価格)は米国と日本のカタログのちょうど中間あたりの金額となっています。

業者所在  古紙幣・旧札の詳細 取引価格
米国 美品 約70万円
神奈川県 美品 58万円
大阪府 美品 50万円

藤原鎌足 改造兌換銀行券百圓の価値と相場

めがね100円
(画像引用元:http://manpokei1948.jugem.jp/?eid=124)

明治24年11月15日に発行され、昭和14年3月31日に廃止となった改造兌換銀行券百圓です。表面には藤原鎌足が描かれ紙幣に施された縁取りが、めがねのように見えることから、通称で「めがね」と呼ばれています。

寸法130mm×210mm、1946年4月時点で未回収が93枚しかないと記録されており、現存数はおそらく数枚です。そのため、米国のカタログ、日本のカタログ共に下記のようにカタログ価格不明となっています。

カタログ種類 並品 美品 極美品
米国カタログ 不明 不明 不明
日本カタログ 不明 不明 不明

改造兌換銀行券まとめ

いかがだったでしょうか?めがね100円札については贋作(偽物)やコピー品が出回ることはありますが本物が市場に出回ることはまずありません。今回の記事が古紙幣・旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。