こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は岩倉具視の五百円札の価値と相場について記載していきたいと思います。

日本銀行券B号 岩倉旧500円札の価値と相場

日本銀行券B号 岩倉旧500円札

日本銀行券B号 岩倉旧500円札

昭和26年4月2日に発行された500円紙幣です。寸法76mm×156mm、表面には岩倉具視(いわくら ともみ)、裏面には富士山が描かれており、前期に発行されたものはクリーム色、後期では白色の紙幣となっています。

カタログ価格は下記のようになっており実勢価格(実際に市場で取引される値段)は米国のカタログ価格が参考になります(日本のカタログ価格の半値くらいが相場です)。

日本のカタログ

カタログ種類 美品 極美品 未使用
前期(アルファベット1桁) 3000円 5000円 10000円
前期(アルファベット2桁) 1000円 2000円 4500円
後期 700円 1000円 2000円

米国のカタログ

カタログ種類 美品 未使用
前期(アルファベット1桁) 1250円 3500円
前期(アルファベット2桁) 600円 1250円
後期 500円 1000円

福耳500円札

通常の流通紙幣は現存数が多いため価値が低いのですが見本紙幣やエラー紙幣は価値が高いです。見本紙幣は確認したことがありませんが、書物によると市場にて15万円前後の金額で取引されたとされています。また、エラー紙幣については上記のような福耳が以前、市場にて9万円強で取引されました。

日本銀行券C号 岩倉新500円札の価値と相場

日本銀行券C号 岩倉新500円札

日本銀行券C号 岩倉新500円札

昭和44年11月1日に発行された岩倉新500円札です。こちらもB号券同様に岩倉具視と富士山の図案が採用されています。寸法72mm×159mmとなっており通常のものは市場にて800円〜1000円程度で取引されており価値は高くありません。

400001 00001

しかし、上記のようなキリ番(40000T)や1番(000001N)などキリのいい数字になると価値が上がりキリ番は約3000円、1番は2.2万円で市場にて取引されました。

早番

また、早番と呼ばれるAから始まる番号の紙幣は希少性が高く以前13万円前後で取引されたことがあります。今回の記事が古紙幣・旧札の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。